価格帯で見てみよう!5000円未満のカタログギフト

価格帯別に、商品の中身がどう違うのだろう?と、
カタログギフトの中身って気になりますよね。

そこで価格帯別にカタログギフトの中身がどう違うのか、
いろいろと見ています。
今見ているのは、5000円未満のカタログギフト。
ちょっとお値段ははりますが、まだまだ普段使いのギフトの値段かも
しれません。

5000円ともなると、ちょっとした高級感あふれる商品が
3000円のものよりも、やはり増えてくるようです。

たとえばロイヤル・コペンハーゲンなんていう名前が、出てきたり。
ウェッジウッドなんていう名前も出てきます。
やっぱりブランド品が多くなってくるみたいです。

またどんな商品もスタイリッシュでスマートな印象なものが多く、
洗練されたデザインのものばかりです。

3000円未満のカタログで見なかった、
ちょっと珍しいものといえばキャリーケースでしょうか。
たしか3000円未満のカタログではキャリーカートはあったのですが、
キャリーケースが出てくるのはやはり5000円という価格帯で
ギフト可能だということなのかもしれません。

また、ちょっと本格的に役立ちそうなものにネームペンがあります。
シャチハタタイプの印鑑とボールペンが一緒になったタイプのものです。
お仕事ですぐに使えて、便利ですよね。

スポーツ好きな人にはサッカーボールやバスケットボールなんていうものも
あるようです。
サッカーボールやバスケットボールも、
なかなか機会がないと買わないものですから、
カタログギフトで選べると、とてもうれしいかもしれません。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*